診療科目


禁煙外来見出し

禁煙外来イメージ画像

はじめての禁煙治療

     喫煙者の過半数は禁煙の意思を持ち、禁煙にチャレンジしています。しかし、喫煙習慣の本質はニコチン依存症であるため、本人の意思だけで禁煙を長期間続けるのは非常に困難といえます。
     そこで、禁煙は「喫煙病(依存症+喫煙関連疾患)」という全身疾患であり、喫煙者は「積極的に治療を必要とする患者」と捉えるようになり、2006年には「ニコチン依存症管理料」が新設され、一定用件さえ満たせば、禁煙治療を保険診療で行えるようになりました。
     禁煙治療による禁煙率を高めるには、医師だけでなく、看護師や薬剤師のサポートが重要です。是非、あなたも明日から禁煙治療をはじめましょう。

禁煙治療を保険で受けられる人は?

「ニコチン依存症管理料算定の対象患者」

 以下の全ての用件を満たす方
  • ニコチン依存症に係るスクリーニングテスト(Tobacco Dependence Screener:TDS)でニコチン依存症と診断された者であること。
  • ブリンクマン指数(=1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上の者であること。
  • 直ちに禁煙することを希望し、「禁煙治療のための標準手順書」(日本循環器学会、日本肺癌学会及び日本肺癌学会により作成)に則った喫煙治療について説明を受け、該当治療を受けることを文章により同意している者であること。

禁煙治療スケジュール

禁煙治療は12週間が基本です。

スケジュール



ページトップへ